在宅ワークHACKS

在宅ワークで楽しく稼ぐための実践的ノウハウや体験談

やっぱり主婦がクラウドソーシング受注するのは難しいの!?

主婦がクラウド・ソーシングで受注するのは難しい・・・

内職のお仕事を探す中で、「クラウドソーシング」という働き方を見つけました。個人でも簡単に提案できそうなので、気軽にやってみたところ、やはり普通の主婦には、ハードルが高く、提案ばかりしてもお仕事がもらえず…。

そんな私のクラウドソーシングの体験をご紹介します。

お仕事を探すため ひたすら提案する

 

まずは大手が安心だと思い、クラウドワークスとランサーズの2つのサイトに登録し、様々な案件に提案しました。

ところが、登録直後は「実績と評価が0件」で、しかも職歴がないに等しい主婦のため、応募してもなかなか採用してはいただけませんでした。応募後の主な反応は

  • 返信なし
  • 返信はくるが その後連絡なし
  • 不採用通知
  • クライアントさんが途中で募集を中止する

などで、全く仕事になりません。実際にどんな案件に応募したかの例を挙げていきます。

 

まずは「タスク型」に。しかし、1件目のアンケートでトラブル!

最初は、仕組みを知るために、記述式アンケートに回答することにしました。「クルマに関する」意見を100文字以上記入して、承認されるのを待ちました。

ところが、しっかり回答したつもりなのに「非承認」の連絡が。

ほどなくしてクライアントさんから連絡がきて、「誤って非承認にした。次は承認するので再度回答して欲しい」ということでした。文章をコピーしていなかったので改めてレビューを書き、2度目でやっと承認していただき17円という報酬をいただいたのでした…。

この経験で得た教訓は、「文章は必ずバックアップとしてコピーを保管する事!!」が必要ということです。

ところが、非承認が記録されてしまったことで、あとあと制限が出てきてしまいました。応募するには、「承認率が95%以上」でなければならない案件がたくさんあったのです。

クライアントさんからすると、「承認率が低い人=ダメな人」ということらしく、案件に応募すらできなくなってしまいました。

しばらくして、承認率が50%になっていることの問題点に気づき運営者に相談しました。そして、幸いにもこの非承認を取り消していただくことができました。このように意図せずして評価が下がってしまう場合は、必ず運営者に相談し、取り消してもらいましょう。

 

「提案型」で、商品リサーチや出品作業に応募するも・・・

リサーチ業務に提案するも、なかなか受注は難しい…

アンケートのような案件(「タスク」という簡単なもの)では、金額が非常に安いので、他の案件も探すことにしました。しかし、初めのうちは、相場がわからなかったので報酬金額をクライアントに提案する案件には応募できませんでした。

そこで、「1件10円」と、提示金額が明示されている案件に対して、下記のようなメッセージで応募しました。

こんばんは △△と申します。
お仕事の募集を拝見いたしました。
衣類のほとんどを英語圏のネットショップなどで購入しております。
日本に販売店が見つからないものを検索することも多くあります。
よろしくお願いいたします。

クライアント1 ネットショップ出品作業 → 失敗

ご返信をいただき、「作業可能時間」「名前」「連絡先等」を、指定のフォームで返信しました。しかしその後、返信はきませんでした。

必要事項を書き込みましたが返信がなかったので、名前やメールなどを書き込んだことを後悔しました。

 

クライアント2、3 ネットショップ出品作業 → 返答無し

応募に対する返答なしでした。

 

クライアント4 ネットショップのリサーチ → 受注!しかし…

ようやく採用いただき、リサーチをしました。通販サイトをみて「価格差がある商品」を見つけるお仕事です。

しかし採用は頂いたものの、なかなかスムーズには出来ず、結局、時給換算で50円くらいでした。

ただ、ようやく「満点の評価」がついたことに価値がありました。また、しっかりお仕事をしたため、契約終了後、さらに新しいお仕事をご紹介いただきました。

 

文字起こしにチャレンジする

「60分 1000円」という文字起こしにも応募してみました。

最初に提案した時には残念ながら落選しましたが、「他の応募者を採用した」旨のお返事をいただきました。とても丁寧なクライアントでしたので、定期的にチェックして再度応募し、無事文字起こしを受注することができました。

ところが、作業を始めると全く進みません。10分の文字起こしに1時間かかってしまいました。しかも、納期まで3時間しかありません。状況を説明して契約破棄をお願いしました。

クライアントは18時間の納期延長を提案してくださったので、お仕事を完了することができました。でも、時給100円では文字起こしを継続する気にはなれませんでした。そして…。

 

結局、初心に返り、応募不要な「タスク型の仕事」を多くこなすスタイルに

お仕事探しと応募することに多くの時間を費やしても、アルバイトすることに代わる収入が得られず方向転換を余儀無くされました。そして、初心に戻って、応募なしで作業できるアンケートなどのタスク式案件をこなすようになりました。タスク型ライティングは何と言っても納期に追われる事なく、作業できるところが良いのです。

 

コツコツが実に!継続ライティングのお誘いを受ける!

無事に受注!そんな時に、継続的なライティングへのお誘いメッセージを受け取りました。迷わずトライアルを受けて合格することができました。

タスク案件をこなしていくうちに、改めてライティングのお仕事に挑戦してみようという気持ちが膨らんでいました。そこで、派遣会社の在宅ライター募集テストを受け、登録したのです。

現在では、スポーツ関連のコラムを1本700円で毎月数本やその他の単発案件で執筆を続けています。

 

そして、そのクライアントからライティングのお仕事をいただきながら、余裕があるときにLancersタスクなどでもライティングをしています。1ヶ月のライティングの報酬も1000円から1万円、そして2万円台と徐々に増えてきています。

最初は苦労も多いですが、諦めずにチャレンジしたり、評価を貯めておくと、ひょんなことから良い出会いがあるかもしれません。ぜひ皆さんも頑張ってください!

ajeliya

ajeliya

東京に住む39歳主婦。1ヶ月のライティングの報酬も1000円から1万円、そして2万円台と徐々に増えてきています。

著者の最新記事

関連記事

  1. 主婦が感じるクラウドソーシングの4つの課題・問題点
  2. 帰国子女が仕事で「うざい」と思われないための3つの留意点
  3. 84_説明がちゃんとしてるサイトがオススメ
  4. 93_子供の病気で仕事は休むべき?
  5. 101_在宅ワークは稼げない?
  6. 57_ママ友を作れば楽しめる

facebookでも情報発信中