在宅ワークHACKS

在宅ワークで楽しく稼ぐための実践的ノウハウや体験談

シングルマザーが副業をする時に決めておきたい3つのルール

89_シングルマザーが副業をする時のルール

シングルマザーとして子育てをしながらパートでの生活を送っています。収入面や保育時間などを考えると副業での収入が必要と思い在宅ワークを始めました。

在宅ワークを知るきっかけはネット検索。副業と検索すればたくさんの在宅ワークが出てきました。シール貼りのような内職からパソコンを使ったものやアンケート調査、コールセンターなど。その中から自分に合うものを探し現在は在宅ワークスと袋詰めの内職をしています。

在宅での仕事は時間の融通がきく反面、子供との時間がおろそかになりそうで幾つかのルールを自分なりに作りました。ルールと言っても簡単なもので、数も少なめ。無理なく絶対に守れるルールしか作りませんでした。でもそのルールが子育てと在宅ワークの両立にメリハリをつけてくれるんです。

 

ルールはいたって簡単。私のルールは3つしかありません。

 

1.子供が起きてる間は仕事をしない!

89_1シングルマザーが副業をする時のルールこれは絶対に外せないルールです。子供が起きてる間は子供時間。

平日は保育園に通わせているため子供との時間は、朝出勤するまでの2時間程と夕方から寝るまでの4時間程。6時間と短い時間ですが子供時間と決め、仕事やパソコンは触りません。たまに子供と一緒にパソコンを見ることはあっても、動画やゲームを一緒に楽しむ程度です。子供時間は私も仕事のことを考えずに子供と遊ぶことや成長過程を見ることで息抜きにもなるし、やる気にも繋がってメリハリがつきます。

 

2.子供の寝顔を見てから仕事スイッチオン!


実はこのルール、子供のために作ったのではなく私のためのルールなんです。もちろん子供もまだまだ甘えん坊で寝かしつけが必要ですが、子供の寝顔って癒しでもありやる気を出させてくれる力もあるんです。うたた寝しそうな時も子供の寝顔を見て『頑張ろう!』とやる気を貰っています。

 

3.ハードスケジュールは組まない!

89_2シングルマザーが副業をする時のルール子供は急に熱を出したり、怪我をしたなど突発的なことが多々あります。そんな時仕事先には迷惑をかけたくないし、でも一番子供のそばにいてあげたいと思うときでもあります。板挟み状態になって結果、自分が落ち込むことに。なので仕事は少し余裕をもって入れるようにしています。仕事が空いてしまっても自分の息抜きに使えますし、子供に対しても余裕をもって接してあげられると思います。

 

ルールはこの3つのみ。少ないように見えますがルールばかり多くしたって自分が辛くなるばかり。最低限のルールさえメリハリをもって守れば育児と在宅ワークを楽しめ、生活にもゆとりができると思います。これからも育児と在宅ワークを両立させながら、子供との時間を大切に過ごしていきたいです。

なつ

なつ

千葉県に住むパート28歳です。子供との時間を大切にしながら、パートと在宅ワークをしています。

関連記事

  1. 80_勉強しながら在宅ワーク
  2. 主婦は時間がない
  3. 共働きだった私が、なぜ在宅ワークをしようと思ったのか
  4. 双子ママはいつ書くか
  5. 北九州での内職探しの一苦労
  6. 53_内職時給はいくら

facebookでも情報発信中