在宅ワークHACKS

在宅ワークで楽しく稼ぐための実践的ノウハウや体験談

育児や在宅ワークに協力しない旦那を変える4つのコツ

育児や在宅ワークに協力しない旦那を変える4つのコツ

幼い子供を持つママにとって場所を問わず自分の都合に合わせて仕事ができる「在宅ワーク」は強い味方ですよね。しかし実際にやってみるとどうでしょうか。想像以上に時間が必要だと感じることと思います。私は2歳の娘と5歳の息子がいます。普段の日は育児と家事に追われ、まとまった空き時間が取れずに悩みました。

そこで思いついたのが、旦那さんが家にいる休日や連休に「在宅ワーク」を行うことです。普段の隙間時間ではなかなか進みづらい仕事を行う大チャンスです。そのためには旦那さんの協力と理解が不可欠ですよね。そんな身近な旦那さんを上手にコントロールできるコツをご紹介します。

 

1. 旦那さんが喜ぶ「ご褒美」を用意しよう

仕事の締め切りが差し迫っていてどうしても今すぐ時間が欲しい。旦那に子供のお守りをお願いすると、そんな時に限って「また在宅ワーク?夜すればいいのに・・・」などと気が乗らない返事が返ってくることも。

在宅ワークをするのに協力的になってもらうために絶大な効果をもたらしてくれるのが旦那さんへの「ご褒美」です。「この仕事が終わったら家族みんなでご飯を食べに行こう」と提案したり、「臨時のお小遣い1,000円あげる」と言ってその場をうまく対応するのも一つのポイントです。

私は、在宅ワークの報酬が良ければ旦那さんのお小遣いを5千円アップしています。おかげで大成功です。今となっては私が仕事をしているのを微笑ましく見ているほどです。ご褒美があるなら頑張ろうという気になってくれ、旦那さんに育児や家事を頼みやすくなりました。

 

2. ともかく大げさに「褒め」てあげよう

旦那に子供のお守り

普段旦那さんを「褒める」ことはしていますか?私は愚痴を言ってしまうことは沢山あっても、褒めることはあまりしていませんでした。

そこで在宅ワークをするのに快く子供のお守りを引き受けてもらえるよう、褒めることを意識するようにしました。男性は女性に褒められると嬉しいものです。

例えば、旦那さんに子供の食事の片づけをお願いした後に「凄く綺麗に片づけしてくれたね!私より上手にお皿も洗えてるよ」と言ったり、「本当に助かるよ、有難う」と必ず感謝の気持ちを伝えます。

そうすることで、お互い気持ちのいい状態を保つことができますし、旦那さんにも子供の世話が上手にできるんだという自信にもつながります。「褒める」ことは、頼みごとをしやすい雰囲気にもっていける近道です。

 

3. 無理強いせず、「タイミング」を見計らおう

いつもの様に子供のお守りをお願いしても「仕事の疲れでしんどいから休みたい」と断られるケースもありました。「ほんの1時間くらいお守りをしてくれたらいいのに!」と言い返してしまったこともあります。

しかし旦那さんの貴重な休日。時によっては身体も休めたいものです。ここはグっと我慢して無理強いは避けましょう。そして「ゆっくり休んで、お守りができる時にお願いね」と心穏やかに言葉を返します。

ポイントは日頃から旦那さんへの心遣いを忘れないことです。仕事から帰ってきたらニッコリと笑顔で「おかえりなさい」と言うだけでもOKなのです。そういった日々の積み重ねで、なんでも協力的になってくれるようになります。

 

4. 「旦那さんの時間」も理解・応援してあげよう

「旦那さんの時間」も理解・応援してあげよう

いつもゲームばかりしている旦那さんを見て「またゲーム?いつもゲームばかり。いい加減にしてよ!」と怒ったのがきっかけで、夫婦喧嘩になってしまうこともありました。

しかし逆の立場になってみるとどうでしょうか。女性の趣味も男性には理解しがたいものもあるはずです。在宅ワークをする事もその一つかもしれません。

異性の趣味を理解するのは難しいもの。旦那さんの趣味時間を理解してあげることも今後在宅ワークを行いやすい環境にできるポイントだといえます。

 

「在宅ワーク」を始める場合、旦那さんにどう報告する?

在宅ワークをする理由は自分のお小遣い、家計、娯楽の為など、人それぞれだと思います。

私が在宅ワークを始めたきっかけは、ズバリ旦那さんの収入が悪いからです。しかしそんな事は旦那さんに言えるはずがありません。どうやって切り出そうかと考えました。

その結果思い付いたことは「行楽代の為」です。旦那さんには「家族で旅行へ行ったり、ちょっとリッチな食事を食べに行けたらいいなと考えて在宅ワークを始めたよ」と報告しました。すると「ふ~ん」とあまり興味が無い感じでそれ以上何も突っ込まれず、核心を突かれずにホっとしました。

 

旦那さんに報酬の「金額」は言うべき?

在宅ワークの報酬在宅ワークで稼いだお金が思っている以上に入ってくると、自分だけのお小遣いも確保しておきたいし、旦那さんには内緒にしておきたいと思う人もいるはずです。でも「いくら入った?」と聞かれるとなんと答えますか?

私は、例えば5万報酬があったとすると「2万ちょっとあったよー」と実際の額より少なめに返答します。そうすることでコッソリ自由に遣える自分の「へそくり」がゲットしやすくなります。自分へのご褒美も含めて上手に家計のやりくりをしたいものですね!

みかん

みかん

2015年9月から在宅ワークをはじめ、ようやく月5万ぐらい稼げるようになりました。2歳と5歳の子供がいます。主婦の目線で、稼ぐためのコツや工夫をご紹介します。

著者の最新記事

関連記事

  1. 62_ライティングと福島への想い
  2. 図解!Gmailのフォルダ分けで、お仕事メールを効率的に管理しよう!
  3. 「PDF」とは?在宅ワーカーのためのPDFファイル活用の基本
  4. 81_0家事と育児両立
  5. 主婦にオススメの7つの仕事場
  6. 57_ママ友を作れば楽しめる

facebookでも情報発信中