在宅ワークHACKS

在宅ワークで楽しく稼ぐための実践的ノウハウや体験談

No.1キャバ嬢を引退し、在宅ワークへ

58_no.1キャバ嬢から在宅ワークをはじめるまで

皆さんは「在宅ワーク」と聞て何を思い浮かべるだろうか。

パソコンで何かする?

家に引きこもって仕事?

よくわからない。

私も今までは皆さん側にいた人間だ。

 

キャバクラでNo.1になるも…

58_1_no.1キャバ嬢から在宅ワークをはじめるまで

もともと私は北海道のススキノでキャバ嬢をしていた。

毎日毎日、美容室に行き髪の毛をセットして、目が大きく見えるようにメイクをして、キラキラなネイルにドレス。お酒を頂きながらお客様と楽しく会話をして気がつくとNo.1になっていた。

毎日が楽しくて休みの日には友達と旅行へ行ったりと充実していて、ずっとこんな日々が続くんじゃないのかなって思っていたのに・・・。

 

ある日お昼過ぎに目が覚めてようやく体の変異に気付く。

頭と背中が尋常じゃなく痛い・・・

痛み止めを飲んでも治らない・・・

するとこのまま死んでしまうんじゃないかって恐怖で怖くて息ができなくなる。

 

「パニック障害」の診断結果

58_2no.1キャバ嬢から在宅ワークをはじめるまで

とりあえず震える手でなんとか救急車を呼んだ。

病院につくと、さっきのはなんだったんだろう?と思うくらいケロッとしている。

お医者様のところで診察をして色々検査をするも異常なし。

下された診断結果が「パニック障害」。

精神科に初めて行き、自分が最近あんまり寝ていないことや仕事のことで悩んでいたこと、このまま消えてしまいたいと思っていたことを思い出した。

そのまま私は精神科へ入院することに。

今まで煌びやかな世界で生きていた私には、なんとも言いようがないキャバ嬢生活the endだ。笑

 

新しい仕事を求めて在宅ワークへ

58_3no.1キャバ嬢から在宅ワークをはじめるまで

そこからは、心の病といえど侮れない。

毎日薬を飲んで療養し、退院するにまで元気にはなったが、これから仕事はどうしよう・・・

もうキャバ嬢に戻るつもりはない。そうしてネットサーフィンをしていてたどり着いたのが、「在宅ワーク」だった。

最初は私も耳にしたことのある程度だったけれども、自分の好きな時に無理をすることなく仕事ができると思って登録をして今こうやってパソコンの前でこのコラムを書いている。

自宅で療養しながらでもパソコンさえあれば、仕事ができる。

私はこれからもご依頼さえあれば病気と戦いながら在宅ワークを続けたいと思っている。

 

さおさお

さおさお

北海道在住、29歳の専業主婦です。No.1キャバ嬢を引退し、在宅ワークをはじめました。

関連記事

  1. ママ友のいじめ・仲間はずれに遭わずに仕事をするなら、在宅ワークが一番
  2. 82_ママ!パソコンばかり見ないでと言われないために
  3. キャリアウーマンの悩み~「出産後の職業」はどうする?
  4. 「大腸がん」からの在宅ワーク再起
  5. 共働きだった私が、なぜ在宅ワークをしようと思ったのか
  6. 88_将来性のある在宅ワーク比較

facebookでも情報発信中